月一ケアホーム講習会

クラフトバンド comments(0) - ひまわり

ケアホームでのクラフトバンドの講習会を始めてそろそろ半年になろうとしています。

 

ハートいつもほとんど自分で作る方。

ハートお手伝いが必要だけど、作りたい方。

ハートボンド貼りや洗濯ばさみで挟むぐらいのお手伝いはできる方。

ハート「で〜き〜な〜い〜。作ってハート」と甘え声でおっしゃる方。

 

月1なのでお名前はなかなか覚えられませんが、皆さんの性格やできることはなんとなく把握できるようになってきました。

 

 

今回もできる方にはやり方の説明をし、お手伝いが必要な方のところへ行きました。

 

毎回、手元に洗濯バサミを手元まで持って行くと受け取り、きっちりと間違いのない部分に着けてくれるAさんという方がいます。

普段、ほとんど表情を変えることがないので、楽しんでいないのかなぁ、押し付けちゃってるかなぁ、ってちょっと不安な気持ちで接しているところがあるのですが、時々

「またあとで見に来ますね〜。」

とその場を離れて、再度戻ってくるときれいに進んでいることがあります。

 

うーん、得意なのかな?本当はやりたいのかな?と思って

「じゃぁ、もう少しやってみましょうかニコッ。」

とお誘いしても、うなずくことも首を振ることもしてくれず。

洗濯ばさみだけはちゃんと止めてくれます。

 

今回、

「ここに、この棒でボンドを塗りたいんです。やってみましょうかニコッ。」

とお誘いしたところ、パッと棒を受け取りきっちりと必要な部分にはみ出すことなく塗っていただけました手

やっぱりAさんとっても器用です。

その後もボンド塗り、洗濯ばさみ付け、などいつも以上に意欲的にサクサクと作業を進め、あっという間に完成ですキラキラ

 

その後、私はお向かいの方の作業のお手伝いに入ったのですが、

ホームの方が、

「Aさん、出来上がった作品持って記念写真撮りましょう笑顔。」

とカメラを向けると、プイッとカメラから視線をそらしてしまいました。

たまたま、私と目が合ったので、

「私の方見たいんですよね〜〜〜きゃvネコ。」

とオーバーアクションで、満面の笑みで手を振ると、Aさんニッコニコの笑顔ハート

 

「とっても良い写真が撮れました。」

ホームの方に感謝されましたが、こちらこそ、Aさんのあんなステキな笑顔本当にうれしかったです。

クラフトバンドを通して、心が通じたかな。

次回も笑顔いただけるかな。

 

って期待を持って次回に臨みたいと思います笑顔

 

 

 

 

ケアホーム近所の目黒川。

まだまだ枯れ木のようですが、桜のつぼみは確実に膨らんでいます。

あと1か月したらきれいな桜並木になるのかな。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:手作り/ハンドメイド雑貨

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM